コーヒーがなぜ便秘に有効なのか?

コーヒーが便秘解消に効くということをなんとなく聞いたことがある方は多いでしょう。でも、なぜ効くのかは知っていますか?
その理由は、コーヒーに含まれるカフェインとオリゴ糖。カフェインは胃の働きを活発にしたり、大腸の収縮を助けてくれ、オリゴ糖は腸内の動きを活発にしてくれます。更に便秘解消を狙うなら、アイスコーヒーよりもホットコーヒーの方が効果的です。特に50度程度であれば、腸内の便をやわらかくすることができて、便秘解消に繋がりやすくなります。
朝、コーヒーを飲むと、便意がスムーズに来るというのも頷けますね。

万能なものはない!飲みすぎには注意!

便秘解消にコーヒーがいいとはいえ、たくさん飲めばいいというものではありません。なんでもやり過ぎはよくありませんよね。それについても、ちゃんと訳があるのです。
コーヒーに含まれるクロロゲン酸。これは胃腸の働きを抑える作用があります。クロロゲン酸がどの程度含まれるのかというと約5%程度なので、普通に飲むくらいではほとんど影響はありません。
また、コーヒーを飲むとトイレが近くなるというように、コーヒーには利尿作用があります。そのせいで便をやわらかくするための水分が失われ、結果便秘に繋がってしまうことになるのです。
但し、いくら便秘に悩んでると言っても、妊婦さんについては胎児にカフェインは悪影響です。飲みすぎはこれから生まれてくる赤ちゃんのためによくありません。1日1~2杯程度を目安に、リラックスしながら楽しみたいですね。

品川美容外科の告訴について詳しく